日常英会話のための英単語数は・・・とお悩みの方へ

「日常英会話のための英単語数は・・・とお悩みの方へ」

英会話の場に行くようにしたり
英語の勉強したり、
英語学習進めるけれども
ちょっとした疑問が湧いて来た。

時々覚えたはずの英単語が
出てこないことあるけれど、

(一体どのくらい英単語
覚えたらよいのだろう・・・?)

日常英会話には問題ない
というくらいでいいので
どのくらい英単語覚えたらいいか
知りたいな・・。

このように思われる方も
いることでしょう。

そこで英会話初心者が
日常英会話を問題なく
出来るようになるまでに
どのくらい英単語覚えたらいいか
調べてみます。

blognosyasin46
(引用元:ぱくたそ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「少なく見積もって2200語??」

英会話初心者が
日常英会話を問題なく
出来るようになるまでに
どのくらい英単語覚えたらいいか?

実はこの回答なるもの
「英語をペラペラ話すのに必要な基礎力は・・・とお悩みの方へ」
の記事にも記載しています。

3000語になります。

ただ、
この記事にも記載している
3000語という英単語数は
だいたいの目安
とした英単語数です。

基本的には日常英会話を
話そうと思ったら
中学英語までを覚えたら
知識量としては
大丈夫なものに
なるのかと思います。

そしてこの中学英語で覚える
英単語数ですが、
1,600~1,800語程度、
のようです。

ちなみに小学校では
600~700語程度。

小学校と中学校を合わせると
少なく見積もって
1600語+600語=2200語

になりますね。

ただ、
satoshiが小学生の時は
英語の授業はありませんでした。
英語は2020年度からは
小学校で習う必須科目と
なっているようです。

加えて、
中学英語の英単語数も
satoshiが中学生の時よりも
増えているようです。

それに今は日本なので
海外にいた時のように
英語話しませんが、
海外にいた時のことを
思い出してみても、
2200語も使ってたかな?
と思います。

「日常英会話を問題なく
出来るようになる」

の基準をどんなところに
定めるかによりますが、
会話量を少なめに見積もると
そんなに英単語数多く
覚えなくも大丈夫かと
思えます。

目安としては
小学校では600~700語程度、
中学校では1,600~1,800語程度、
それ以上になると3000語以上、

というのは頭に入れておいても
いいのかもしれませんね。

blognosyasin117
(引用元:ぱくたそ

「超初心者限定!自宅受講可能!!ワンコイン英会話(英語)体験レッスン!!!」
(↑↑クリックでアクセス)
では日常英会話のための
英単語数は・・・
というお悩み
ご相談頂けます
ので、
試しに受けること
ご検討下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

●お問合せ&レッスン●
この記事をご一読頂いて
何か疑問に思われたり、
ご質問したいことがあれば、
「お問合せ」
(↑↑クリックでアクセス)
のページからご連絡下さい。

また、

「レッスン/イベント」
(↑↑クリックでアクセス)

についても随時
お問合せやご予約
受け付けておりますので、

eikaiwasyutokukai2014011-edit-adphoto

英会話であり英語を
覚えたいと思われましたら、
試しに各種英会話(英語)レッスン
お問合せやご予約
お願い申し上げます。

satoshiと一緒に無理なく
英語覚えて英会話を楽しみましょう!

同カテゴリー記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA