発達障害の特性を把握することは大切です。・・と英語で言ってみる。

●発達障害の特性を把握することは大切です。●
“It is important to grasp characteristics of a developmental disability.”

kurobeephoto-gyozalunch
(引用元:タイトルの上の画像も共に黒兵衛

●grasp●
“grasp”


「ぎゅっとつかむ」「把握する」
などを意味します。

今回
「発達障害の特性を把握することは大切」
ということを言いたいです。

まずは、
「~は大切である」
を表す英文を考えます。

これは
“It is ~.”
で表すことができます。

“It is ~.”
は基本的に
「それは~です。」
を表すのに使える英語フレーズで、
日本語訳の時に
「それは」
は省略できます。

“It is ~.”“it”
仮主語として使うことになります。

この
“It is ~.”

“~”
の部分にまずは
「重要な」「大切な」
を意味する
“important”
を持って来ます。

そしてその後にto不定詞を続けます。
to不定詞“to 動詞の原形”を使う方法で、
今回の場合は「~すること」という
名詞的用法で使うことになります。

“to 動詞の原形”

“動詞の原形”
の部分には、
先ほどご紹介した、
「ぎゅっとつかむ」「把握する」
を意味する
“grasp”
が入ります。

これで、
“It is important to grasp ~”
「~を把握することは大切である」

まで英文が出来たことになります。

後は
「発達障害の特性」
です。

「発達障害の特性」

“characteristics of a developmental disability”
で表すことにします。

“characteristics”

「特性」「特質」
を意味し
“characteristic”
の複数形になります。

1つの「発達障害」にしても、
その特性が複数あることは
考えられるので複数形にしています。

“of”「~の」を意味します。

“developmental disability”

「発達障害」
を意味し、
話し手が話そうとしている
「発達障害」について
聞き手は認識がないことを
想定
しているので、
不定冠詞の“a”をつけて
“a developmental disability”
となり
「ある発達障害」「1つの発達障害」
を意味しています。

また、
「発達障害」

“developmental disorder”
でも表せますが、
“developmental disability”
を使っています。

ですので、
「発達障害の特性を把握することは大切です。」
と伝えたい時は
“It is important to grasp characteristics of a developmental disability.”
という英語で伝えることができます。

blognosyasin293

ちなみに、
福岡市にある、
黒兵衛さん
(↑↑クリックでアクセス!)
は餃子屋さんですが
社長さんが
自身の発達障害の特性を把握し
大成功した

餃子屋さんです!

発達障害者を雇いたい
経営者の方、
就職活動している
発達障害者の方、
黒兵衛さん
(↑↑クリックでアクセス!)
に聞いたら何かヒントが
得られるかもしれません。

satoshiまで
お問合せ(⇇クリックでアクセス)
のページからご連絡頂いたら
黒兵衛さんにお繋ぎできます。
(↑↑クリックでアクセス!)

●お問合せ&レッスン●
この記事をご一読頂いて
何か疑問に思われたり、
ご質問したいことがあれば、
「お問合せ」
(↑↑クリックでアクセス)
のページからご連絡下さい。

また、

「レッスン/イベント」
(↑↑クリックでアクセス)

についても随時
お問合せやご予約
受け付けておりますので、

eikaiwasyutokukai2014011-edit-adphoto

英会話であり英語を
覚えたいと思われましたら、
試しに各種英会話(英語)レッスン
お問合せやご予約
お願い申し上げます。

satoshiと一緒に無理なく
英語覚えて英会話を楽しみましょう!

同カテゴリー記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA