satoshi のすべての投稿

satoshi

satoshi について

福岡県糟屋郡粕屋町出身。最終学歴、高卒。 高校卒業後、アルバイトをしながら環境や国際協力関係のボランティアをし始める。20歳の時、NGOの活動見学でカンボジアに1ヶ月間行く。その後トラックの運転手となり、トラックの運転手をしながら社会や地域の問題解決をするコミュニティ・ビジネスに関わる。トラックの運転手を4~5年した後、インドに行き日本人のいない地域で8ヶ月半滞在する。 滞在中インド人に、 「ここで英語覚えて日本で英語教えたらいいじゃないか?」 と言われる。 ビザの更新時期も迫ってくる中、受け入れ先のMBAスクール代表(インド人)にビザ更新の相談をしたところ、 「分かった。講師をつけるから2ヶ月間で英語を覚えろ。2ヶ月後にお前にテストをする。そのテストに合格したら継続して面倒みてやるが、不合格だったらお前のことはもう知らん。」 と言われ、マジでインドで死ぬかもしれないと思って必死に習う。 そのテスト予告をされた後、毎朝1時間のマンツーマンレッスンを受け、レッスンの復習をし、尚且つほかにMBAの基礎的なことを他の講師から英語で習い、英語の映画を観て英語の雑誌を読んで、スクールの生徒と英会話し、とにかく英語漬け、英会話漬けの毎日を続ける。 2ヶ月間と言われた英語学習期間も実際のテスト日を聞いた時に、1ヶ月間に縮まり、「これはヤバイかも・・」と思ったが、なんとかその代表のテストはクリアする。 ビザの更新は手続きに必要な書類がどうしても揃わずできなかったが、英会話の能力は飛躍的に上がる。8ヶ月半インドにいてインド語はほとんど覚えなかったにも関わらず英語は覚えたのだった。 帰国後、英会話スクール設立までに約1年半かかったが、、2011年の秋、自宅兼事務所兼教室で福岡県福岡市中央区高砂に英会話スクール、Independence Englisjh(インデペンデンス・イングリシュ) を設立。 「~しながら英語を覚える!」というスタイルをベースにスクール展開を始める。外国人を招待してその外国人の国の料理を作って頂いて、その料理を皆で食べながら英語も話す「英クック」。Barでドリンク杯飲みながらダーツやカードゲームなどの簡単なゲームをいくつかしながら外国人と英語も話す「GO!GO!ENGLISH!!」.。他にも、楽しみながら英語を覚えられる企画を考えては実施。その英会話イベントを実施してきた後に、インド滞在時の経験と帰国後の英会話スクール展開の経験を話しつつ、英語で話す時間を設けた「スピーキング会」を実施。そして「スピーキング会」をバージョンアップさせた英会話習得会を企画。 スクール設立当初の外国人を招いての英会話イベントとはスタイルが異なってきたが、少人数制の英会話イベントを継続的に実施したり、マンツーマンの英会話レッスンを含む英語学習サポートを実施する。 英語学習においてはサービス提供者であると同時に、1人の英語学習者である。ほぼ毎日何かしら英語学習を行っており、日本国内でもできるだけ英語に触れる環境を試行錯誤の中作っている。 現在は、福岡発!あなたの英会話ライフを応援します!!~satoshiの進化する挫折できない英語習得術~ということで、英会話ブログはほぼ毎日更新。英語上達にはとにかく英語にたくさん触れることだというメッセージを発信し続ける。 将来は再度海外に渡り長期滞在する予定。また、世界中のいろいろな国や地域に行き、新しい価値観、文化、習慣などに出会う人生を夢見ては1つ1つ実現していく。

お支払いはどのようにしますか?と英語で聞いてみましょう。

●お支払いはどのようにしますか?●
A:How would you like to pay?
B:I’d like to pay in cash.

A:お支払いはどのようにしますか?
B:現金で支払います。

blognosyasin118.jpg
[引用元:ぱくたそ

●How ~?●
これは
疑問詞“How”「どのような(に)?」
聞く疑問文です。

また、
“would you like to + 動詞の原形?”
の形で、
「あなたは~したいですか?」
を聞く疑問文を作れます。

今回は、
「支払いをどのようにしたいか?」
について聞くことにします。

“would you like to + 動詞の原形?”
“動詞の原形”の部分
「支払う」「支払いをする」
を意味する
“pay”
を入れます。

ですので、
「お支払いはどのようにしますか?」
と聞きたい時は、
“How would you like to pay? “
という英語で聞くことができます。

ちなみにこの解説文通りに
もっと直訳すると、
「あなたはどのように
お支払いしたいですか?」
というところになります。

外国人が多い店舗では
使う頻度が高くなりそうな
英語のフレーズですね。

blognosyasin117
(引用元:ぱくたそ

●返答の例●
では、
この疑問文にどうやって返答するか?
というところですが、

上記の返答例のように、
「現金で支払います。」
という意味の英文を作れば返答できます。

「現金で支払います。」
という意味の英文を作りますが、
もう少し詳しく言うと、
「私は現金で支払いたいです。」
という意味の英文を作ることになります。

そして疑問文の時に使った
“would you like to”
を肯定文で使う語順にして使います。

肯定文の語順にすると、
“you”を”I”に変えて、
“I would like to”
という語順になります。

さらに、
“I would like to”
を短縮させた形、
“I’d like to”
を使うことにします。

「支払います」は“pay”です。

最後に
「現金で」
を意味する英語が来ますが、
今回は、
“in cash”
を使うことにします。

ですので、
「現金で支払います。」
という返答をしたい場合は、
“I’d like to pay in cash.”
という英語ですることができます。

blognosyasin235

海外に行くと、
“I’d like to pay in cash.”
と伝えることは多くなると思います。

実際に海外に行って
英語で伝える練習したいと思われましたら、
「アメリカ留学」(⇇クリックでアクセス)
「ニュージーランド留学」(⇇クリックでアクセス)
「イギリス留学」(⇇クリックでアクセス)
に行くと思う存分
練習できそうですね。

●誰かに質問しよう●
今回の
「お支払いはどのようにしますか?」
という疑問文で、
誰かに質問してみて下さい。

darenani
(引用元:ぱくたそ

ただ、
そうは言っても
なかなか質問するような機会に
巡り会うことは
少ないかもしれません。

ですので、
今回の記事を読んで
「まずは一度練習したい!」
と思われましたら、

「超初心者限定!自宅受講可能!!ワンコイン英会話(英語)体験レッスン!!!」
(↑クリックで案内ページへ↑)
gazou-triallesson-cafe

にご参加頂くと
satoshi(←クリックでプロフページへ)
と一緒に練習できます。

あるいは、
メール、電話で、ご連絡下さい。

・メール
independenceenglish☆yahoo.co.jp(☆は@にご変更下さい)
・電話
080-3904-8107(satoshi)

今回のフレーズや
同じ形の他のバリエーションで
試してみましょう

こちらのフォームからでも
かまいませんので、↓↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご連絡宜しくお願い致します。