この餃子の皮には鶏ガラスープの味がついています。・・と英語で伝えてみる。

●この餃子の皮には鶏ガラスープの味がついています。●
“It seasons this Gyoza’s skin with a taste of chicken broth.”

kurobeephoto-gyozalunch
(引用元:タイトルの上の画像も共に黒兵衛

●season A with B●
“season A with B”
の形で
「AにBの風味をつける」
「BでAの味を調える」

という意味になります。

今回
「この餃子の皮には鶏ガラスープの味がついている」
ということを表現したいです。

“season A with B”
の形で
「この餃子の皮には鶏ガラスープの味がついている」
を表現しようとすると、
“A”「この餃子の皮」が入り、
“B”「鶏ガラスープの味」が入ります。

「この餃子の皮」

“this Gyoza’s skin”
で表します。

“this”「この」
“Gyoza’s”「餃子の」
“skin”「皮」です。

“skin”
人の「肌」や「皮膚」
という意味で使うかと思いますが
餃子の「皮」
にも使えます。

「鶏ガラスープの味」

“a taste of chicken broth”
で表わすことにします。

“taste of”「~の味」を意味しますが、
“a”をつけて“a taste of”として、
「ある1つの~の味」
と表しています。

“chicken”「鶏」「鶏肉」です。

“broth”

肉や魚などの「出汁」「ダシ」
の意味があります。

だから、
“season this Gyoza’s skin with a taste of chicken broth”

「この餃子の皮に鶏ガラスープの味がつく」
の意味になるでしょう。

ちなみに、
今回の例文では主語は特にありませんので、
“It”を、
仮の主語、仮主語として使っています

“It”
三人称単数になりますので、
“season”
三人称単数の場合の語形へと変化
“seasons”
となります。

ですので、
「この餃子の皮には鶏ガラスープの味がついています。」
と伝えたい時は
“It seasons this Gyoza’s skin with a taste of chicken broth.”
という英語で伝えることができます。

blognosyasin293

ちなみに、
福岡市にある
黒兵衛さんの餃子には、
(↑↑クリックでアクセス!)
皮に鶏ガラスープの味がしっかりついている
という声が届くようです。

satoshiまで
お問合せ(⇇クリックでアクセス)
のページからご連絡頂いたら
黒兵衛さんにお繋ぎできます。
(↑↑クリックでアクセス!)

●お問合せ&体験レッスン●
この記事をご一読頂いて
何か疑問に思われたり、
ご質問したいことがあれば、
お問合せ(⇇クリックでアクセス)
のページからご連絡下さい。

また、

「超初心者限定!自宅受講可能!!ワンコイン英会話(英語)体験レッスン!!!」
(↑↑クリックでアクセス)

についても随時
お問合せやご予約
受け付けておりますので、

blognosyasin196

英会話であり英語を
覚えたいと思われましたら、
試しに体験レッスン
お問合せやご予約
お願い申し上げます。

satoshiと一緒に無理なく
英語覚えて英会話を楽しみましょう!

同カテゴリー記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA