同じ作業を繰り返すのが得意な発達障害の人々がいます。・・と英語で伝えてみる。

●同じ作業を繰り返すのが得意な発達障害の人々がいます。●
“Some people with developmental disabilities are good at repeating same task.”

blognosyasin269

●be good at ~ing●
“be good at ~ing”

の形で
「~するのが得意である」
を表わせます。

今回
「発達障害の人々は同じ作業を繰り返すのが得意」
と言いたいです。

ここでまずは、
「繰り返すのが得意である」
の形を考えます。

「繰り返す」“repeat”です。

だから、
“be good at ~ing”

“~ing”
の部分に
“repeat”
を入れて、
“be good at repeating”
にします。

続いて主語に、
「発達障害の人々」
を持って来ます。

ただ、
「発達障害の人々」
であってもすべての
発達障害の人々とは限りません。

だから、
「いくつかの」
を意味する
“some”
も一緒に主語に持って来ます。

「発達障害の人々」

“people with developmental disabilities”
で表わせるので、
それに“some”をつけると
“some people with developmental disabilities”
となります。

これは
「いくつかの発達障害の人々」
を意味しますが、
それは言い換えれば上記例文のように
「発達障害の人々がいる」
ということにもなると思います。

“some people with developmental disabilities”
単数ではなく複数を表しますので
“be good at repeating”
“be”“are”へと語形を変化させます。

後は、
“repeating”
に続けて
「同じ作業」
を意味する英語を
入れたら英文が完成します。

「同じ作業」

“same task”
でいいと思います。

「同じ」“same”で、
「作業」“task”です。

ここでの「作業」
仕事を表わしているので
“work”でもいい気がしますが、
「割り振られた業務」
というようなイメージで書いています。

なんとなく
“task”
の方がそのイメージ近い気がして、
使うことにしました。

ですので、
「同じ作業を繰り返すのが得意な発達障害の人々がいます。」
と伝えたい時は
“Some people with developmental disabilities are good at repeating same task.”
という英語で伝えることができます。

kurobeephoto-gyozalunch
(引用元:タイトルの上の画像も共に黒兵衛

ちなみに、
福岡市にある、
黒兵衛さん
(↑↑クリックでアクセス!)
は餃子屋さんですが、
実際に発達障害の人々が
お仕事されています。

発達障害者を雇いたい
経営者の方、
就職活動をされている
発達障害者の方、
黒兵衛さん
(↑↑クリックでアクセス!)
に聞いたら何かヒントが
得られるかもしれません。

satoshiまで
お問合せ(⇇クリックでアクセス)
のページからご連絡頂いたら
黒兵衛さんにお繋ぎできます。
(↑↑クリックでアクセス!)

●お問合せ&体験レッスン●
この記事をご一読頂いて
何か疑問に思われたり、
ご質問したいことがあれば、
お問合せ(⇇クリックでアクセス)
のページからご連絡下さい。

また、

「超初心者限定!自宅受講可能!!ワンコイン英会話(英語)体験レッスン!!!」
(↑↑クリックでアクセス)

についても随時
お問合せやご予約
受け付けておりますので、

blognosyasin196

英会話であり英語を
覚えたいと思われましたら、
試しに体験レッスン
お問合せやご予約
お願い申し上げます。

satoshiと一緒に無理なく
英語覚えて英会話を楽しみましょう!

同カテゴリー記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA