「医者からアドバイスされた」と英語で言いたい時

こんばんは!satoshiです。

例えば病院に行った後、
「医者からアドバイスされた」
と家族や友達に言うことが
あると思います。

「医者からアドバイスされた」
と英語で言うには
どのように言いますか?

このブログの過去記事の中で
「医者からアドバイスされた」
と英語で言う時の一例を
記載している記事が
ありましたので、
その記事から英文と和訳を引用し
解説させて頂きます。

その過去記事の中の英文と和訳は、
「ちゃんと食べてる?もっと食べなきゃ。」
(↑クリックでアクセス↑)
の中のある一文です。

eigojotatsu
ぱくたそから引用し加工したもの)

ではでは、ご一読下さいませ。

●英文●
A doctor advised me some things
and additionally said like this
“Are you having foods?Eat more.”

●和文●
医者はいくつか僕にアドバイスし
加えてこのように言った。
「ちゃんと食べてる?もっと食べなきゃ。」

●単語の意味と解説●
doctor:医者
a doctor で、「ある医者」や「一人の医者」
という意味になります。

advise:アドバイスする、助言する。
advised は、advise の過去形

me:私、私に。

some:いくつかの
thing:こと、もの。
things は、thingの複数形。
some things で、
「いくつかのもの」や「いくつかのこと」
になります。

and:そして、~と(や)・・。
additionally:加えて、さらに。
say:言う
said は、say の過去形。

like:~のような、~のように。
this:これ

ここまでの単語の意味を踏まえて、

「医者はいくつか僕にアドバイスし
加えてこのように言った。」

を英語にする時の一例が、

“A doctor advised me some things
and additionally said like this”

になります。

また、
「医者からアドバイスされた」
は、言い換えると、
「医者は僕(私)にアドバイスした」
になりますので、
上記の英文の中の、
“A doctor advised me”
がその表現になります。

are:be動詞、~です。
you:あなた、あなたは、あなたに。
have:持つ、食べる、ある。
haveing は、have のing形。

food:食べ物、料理。
foods は、foodの複数形。

eat:食べる
more:比較級、もっと。

ここまでの単語の意味を踏まえて、

「ちゃんと食べてる?もっと食べなきゃ。」

を英語にする時の一例が、

“Are you having foods?Eat more.”

になります。

以上、
「ちゃんと食べてる?もっと食べなきゃ。」
(↑クリックでアクセス↑)
の中のある一英文と和訳でした。

「医者からアドバイスされた」
の一つの英語での伝え方は
今回の記事のような英語になります。

頭の片隅に置いといて、
実際に使う時が来たら
うまく引き出してみて下さい。

●お問合せ&体験レッスン●
ちなみにこの今回の
[「医者からアドバイスされた」と英語で言いたい時]
の記事で、

何か疑問に思われたり、
ご質問したいことがあれば、
お問合せ(⇇クリックでアクセス)
のページからご連絡下さい。

また、

「超初心者限定!自宅受講可能!!ワンコイン英会話(英語)体験レッスン!!!」
(↑↑クリックでアクセス)

も開催しておりますので、

blognosyasin196

英会話であり英語を
覚えたいと思われましたら、
試しに体験レッスン
ご予約お願い申し上げます。

さらに!
時代も令和の今、
実際に海外に行って
英会話の練習がしたいと
思われましたら、
「アメリカ留学」(⇇クリックでアクセス)
「ニュージーランド留学」(⇇クリックでアクセス)
「イギリス留学」(⇇クリックでアクセス)
もご紹介できます!

satoshiと一緒に無理なく
英語覚えて英会話を楽しみましょう!

(タイトルの上の画像は
ぱくたそから引用)

同カテゴリー記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA