日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子に何をあげますか?と英語で聞いてみましょう。

●日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子に何をあげますか?●
A:What do Japanese girls give Japanese boys on Valentine’s Day?
B:Japanese girls give chocolates to Japanese boys on Valentine’s Day.

A:日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子に何をあげますか?
B:日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子にチョコレートをあげます。

※通常、日本人が日本のバレンタインデーのことを
英語で聞くというのはないと思いますが、
ここでは英文の作り方のご参考にということで
記載しますので、悪しからずに目を通されて下さい。

blognosyasin32

●What do + 主語 ~?●
これは“What”何かを聞く疑問文です。
“What do + 主語 ~?”の形で一般動詞の疑問文になります。

今回は「日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子に何をあげるのか?」を聞きたいので、
“What do + 主語 ~?”主語のところに、
“Japanese girls”が入ります。

“Japanese girls”の後には、
「与える」を意味する動詞“give”が入ります。

「与える」=「あげる」=”give”という発想です。

続いて、”give”をする対象となる日本の男の子を表す“Japanese boys”が入ります。
女の子も男の子も不特定に表していますので、
“girls”や”boys”のように複数形で表わしています。

最後は、「バレンタインデーに」を表すために、
“on Valentine’s Day”が来ます。
“Valentine’s Day”「バレンタインデー」を意味し、
前置詞“on”「~に」という意味です。

ですので、
「日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子に何をあげますか?」
と聞きたい時は、
“What do Japanese girls give Japanese boys on Valentine’s Day?”
という英語で聞くことができます。

blognosyasin88

●返答の例●
では、
この疑問文にどうやって返答するか?
というところですが、

上記の返答例のように、
「日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子にチョコレートをあげます。」
という意味の英文を作れば返答できます。

まず、主語「日本の女の子は」ですので、
“Japanese girls”が来ます。

次に、「あげる」を意味する動詞“give”が入ります。

次はいよいよ“What”で聞かれた「何」の答えとなる英語が入ります。
日本では女の子はバレンタインデーに男の子に「チョコレート」をあげますので、
「チョコレート」を意味する“chocolate”複数形”chocolates”が入ります。

続いて、“chocolates”「日本の男の子」にあげるのですが、
今回の例文では、疑問文で聞かれた「何」にあたる「チョコレート」が
回答であり強調されています。

“give”を使った英文で「チョコレート」のような「物」が、
“give”を行う対象となる「人」より強調される場合、
「give + 物 + to + 人」の語順になります。

・・という訳で、“chocolates“の後に“to Japanese boys”が来て、
“give chocolates to Japanese boys”という英文になります。

そして最後は疑問文の時と同じように
「バレンタインデーに」を表す
“on Valentine’s Day”
が来ます。

ですので、
「日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子にチョコレートをあげます。」
という返答をしたい場合は、
“Japanese girls give chocolates to Japanese boys on Valentine’s Day.”
という英語ですることができます。

gazou-shigoto5

●誰かに質問しよう●
今回の「日本の女の子はバレンタインデーに日本の男の子に何をあげますか?」
という疑問文で、誰かに質問してみて下さい。

gazou-dokoka

ただ、そうは言っても
なかなか質問するような機会に
巡り会うことは少ないかもしれません。

ですので、
今回の記事を読んで
「まずは一度練習したい!」と思われましたら、

「超初心者限定!自宅受講可能!!ワンコイン英会話(英語)体験レッスン!!!」
(↑クリックで案内ページへ↑)
gazou-triallesson-cafe

にご参加頂くと
satoshi(←クリックでプロフページへ)
と一緒に練習できます。

あるいは、
メール、電話で、ご連絡下さい。

・メール
independenceenglish☆yahoo.co.jp(☆は@にご変更下さい)
・電話
080-3904-8107(satoshi)

今回のフレーズや
同じ形の他のバリエーションで試してみましょう

こちらのフォームからでもかまいませんので、↓↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご連絡宜しくお願い致します。

同カテゴリー記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA