福岡の英会話超初心者が英語で無理なく博多駅をひとことご案内!

こんばんは!satoshiです。

今回は福岡にお住まいで、「私英会話初心者なんだけど・・。」という方に、例えば外国人観光客に英語で博多駅をご案内される時に無理なくできるsatoshiなりに考えたひとことを紹介致します。ご参考になれば幸いです。

目次
●●●英会話初心者は英語でひとこと無理なく伝えてみましょう!●●●
●●●福岡の観光スポットNo.1!?博多駅を案内してみる●●●
●●●英会話初心者が無理なく案内する英語●●●
●●福岡の博多駅外側●●
●博多口(表側?)●
●筑紫口(裏側?)●
●●福岡の博多駅内側●●
●中央改札口●
●新幹線改札口●
●地下鉄改札口●
●●●まとめ●●●
★★★お問合せ&体験レッスン★★★

●●●英会話初心者は英語でひとこと無理なく伝えてみましょう!●●●
英会話初心者が、思っていることを英語で伝える時、ちょっとした難しさを感じることが多いと思います。僕たち日本人のほとんどは義務教育の過程で英語を初めてちゃんと覚えていくことが多いと思います。

その時に覚えた英語は実際のところ、英会話をする上でベースとはなってきますが、真面目にちゃんとした英語を話そうとすると、うまく言葉が出てきません。

では、どうしたらうまく言葉を出せるか考えた時に、無理なく伝えようとしたらよいのではないかと思いました。そこで今回、“This is ~.”「これは~です。」を使った英語のフレーズを考えてみました。

●●●福岡の観光スポットNo.1!?博多駅を案内してみる●●●
“This is ~.”「これは~です。」を使って何を英語で伝えましょう?笑

blognosyasin98-sizechange

satoshiの活動拠点は現在、福岡県福岡市です。この福岡市は、日本で住みやすい街として有名だと思いますが、世界でも住みやすい街として有名だと思います。

九州で最も大きな都市であり、海が近く、尚且つ、ちょっと足を延ばせば山がすぐそこにあります。

そして福岡市には、日本を各地を結ぶ交通機関を供え、海外にも飛び立てる福岡空港にも地下鉄一本で行ける便利な博多駅があります。観光スポットとしても、もしかしたら福岡No.1かもしれません。

そんな博多駅を写真も使いながらちょっとだけ英語で伝えることにしてみます。

●●●英会話初心者が無理なく案内する英語●●●
それでは実際に英語を見ていきましょう!

●●福岡の博多駅外側●●
博多駅の外側です。見た感じ正面の博多口と、裏側とも言えそうな筑紫口です。

●博多口(表側?)●

blognosyasin99-sizechange

“This is the Hakata station!”
(ディス イズ ザ ハカタ ステーション!)
「これが博多駅です!」

まずは「これぞ博多駅!」と言わんばかりに“This is the Hakata station!”と伝えましょう!笑

博多口であることも伝えたい場合は、加えて、
“This is the Hakataguchi.”
(ディス イズ ザ ハカタグチ)
「これは博多口です。」
あるいは、
“This is the Hakata gate.”
(ディス イズ ザ ハカタ ゲート)
「これは博多口です。」

と伝えてもいいかもしれません。

ちなみに、詳しい発音については、google翻訳(⇇クリックでアクセス)で英語を入力して音声のアイコン(マーク)をクリックすると聴けます。

●筑紫口(裏側?)●

blognosyasin102-sizechange

“This is the Hakata station!”
(ディス イズ ザ ハカタ ステーション)
「これが博多駅です!」

博多口も筑紫口も博多駅なので、基本的には同じフレーズで伝えられます。

筑紫口であることを伝えたい場合は、加えて、
“This is the Chikushiguchi.”
(ディス イズ ザ チクシグチ)
「これは筑紫口です。」
あるいは、
“This is the Chikushi gate.”
(ディス イズ ザ チクシ ゲート)
「これは筑紫口です。」

と伝えたらいいかもしれません。博多口の場合と同じ要領ですね。

また、Hakata station”と”Chikushiguchi”をくっつけて、
“This is the Hakata station Chikushiguchi.”
(ディス イズ ザ ハカタ ステーション チクシグチ)
「これは博多駅筑紫口です。」

と伝えてもいいかもしれません。

海外で博多駅筑紫口のことを伝えるのには”Chikushiguchi”の”guchi”では通じない可能性が高いですが、福岡に来ている外国人観光客に伝えるのにはありかと思います。そして博多口について伝える場合も同様のことが言えます。

●●福岡の博多駅内側●●
今度は博多駅の中を伝えてみましょう。

●中央改札口●

blognosyasin106-sizechange

“This is the central ticket gate.”
(ディス イズ ザ セントラル チケット ゲート)
「これが中央改札口です。」

中央改札口は、”central ticket gate”です。

●新幹線改札口●

blognosyasin103-sizechange

“This is the bullet train ticket gate.”
(ディス イズ ザ ブレット トレイン チケット ゲート)
「これが新幹線改札口です。」

新幹線は、”bullet train”ですが、そのまま”Shinkansen”と伝えることもあります。だから、
“This is the Shinkansen ticket gate.”
(ディス イズ ザ シンカンセン チケット ゲート)
で伝えてもいいです。

そしてこの”Shinkansen”という伝え方も、”Hakataguchi”や”Chikushiguchi”と同様、福岡はもちろん、日本に来ている外国人観光客に対してはありだと思える伝え方です。

“ticekt gate”は「改札口」です。

●地下鉄改札口●

blognosyasin104-sizechange

“This is the subway ticket gate.”
(ディス イズ ザ サブウェイ チケット ゲート)
「これが地下鉄改札口です。」

“subway”は「地下鉄」です。

●●●まとめ●●●
以上、写真を使って“This is ~.”「これは~です」を使って福岡の観光スポットNo1かもしれない博多駅を紹介致しました。

おそらく英語を習い始めた初期の段階でほとんどの人が“This is ~.”を習うかと思います。satoshiは(実際いつ使うんだろう?)と思いながら習ってましたが、今回のように観光スポットの案内で使えますね!

真面目にちゃんとした英語を話そうとしてもうまく言葉が出てこない福岡の英会話超初心者の方は、試しに英語で無理なく博多駅を“This is ~.”を使ってひとことご案内されてみて下さい。

★★★お問合せ&体験レッスン★★★
今回の「福岡の英会話超初心者が英語で無理なく博多駅をひとことご案内!」の記事で、何か疑問に思われたり、ご質問したいことがあれば、お問合せ(⇇クリックでアクセス)のページからご連絡下さい。

また、

「超初心者限定!自宅受講可能!!ワンコイン英会話(英語)体験レッスン!!!」
(↑↑クリックでアクセス)

gazou-denwa

も開催しておりますので、英会話であり英語を覚えたいと思われましたら、試しに体験レッスンご予約お願い申し上げます。

satoshiと一緒に無理なく英語覚えて英会話を楽しみましょう!

同カテゴリー記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA